So-net無料ブログ作成
検索選択

休診のお知らせ [お知らせ]

 以前当ブログでもお伝えしましたが、1月30日(土曜日)、31日(日曜日)は学会参加のため休診とさせていただきます。
 

 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

image.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

腫瘍治療 [腫瘍]

 今回のブログは腫瘍の治療についてです。

 動物に腫瘍が発見され治療が必要となった際には、その腫瘍をどのように治療していくのかという治療計画を立てます。

 その治療の中で、基本となるものがあるのですが、それが外科療法、化学療法、放射線療法です。

 近年ではこれらの他にも、免疫療法や温熱療法などといったものがありますが、三大治療と呼ばれるものとなると上記の三つになります。

 こういった腫瘍の治療にはそれぞれメリットやデメリットが存在しますし、腫瘍の種類や動物の状態、目指す治療のゴール(完治を目指すのか現状維持を目指すのかなど)、動物診療施設の設備等によって選択するものが変わってきます。

 あまり長々と書くと文章量がとんでもないことになりますので、簡単にそれぞれの治療方法を説明してみます。


 まず、外科療法ですが、これは手術によって腫瘍をとってしまうことです。

 メリットとしては、腫瘍が限局している(その部分にだけある)のであれば、手術によって根治が可能であること、他の治療に比べて短い期間で腫瘍細胞を減らすことができること、全身に対しての細胞毒性(薬等の副作用)や発がん性がないことがあげられます。

 逆にデメリットは、麻酔が必要となるので麻酔に対してのリスクがあること、場所によっては見た目の変化や機能の欠損が生じる可能性があります(足にできた腫瘍の際の断脚や、目にできた腫瘍に対しての眼球摘出など)。


 つぎに化学療法ですが、これは薬を使って腫瘍細胞をやっつけるというこです。

 メリットとしては、外科療法や放射線療法と違って全身に作用するということ、麻酔が必要でないこと(使う薬剤や動物の性格によっては鎮静をかけることはあります)があげられます。

 デメリットとしては、薬の副作用が生じる可能性があること(白血球の減少や脱毛、胃腸障害など)、薬の投与中に薬が漏れてしまうことによるリスク(皮膚炎など)、あまり大きな腫瘍等に関しては単独では効果がみられないことが多い(リンパ腫等の一部の腫瘍は除く)ことなどがあげられます。


 最後に放射線療法ですが、これは腫瘍に放射線をあてることで腫瘍細胞をやっつけるものです。

 メリットとしては、局所の腫瘍を制御するものですが、外科療法と違って、見た目の変化や機能の欠損が起こりにくいことがあげられます。

 デメリットとしては、あくまで局所治療であること、複数回の麻酔が必要となること、放射線障害が発生する可能性があること、設備のコストが高いことなどがあげられます。



 とりあえず三つの治療方法をあげてみましたが、大学病院などを除く一般的な動物診療施設では、なかなか放射線治療の設備があるところは少ないので、通常は外科療法や化学療法、その他の治療を単独、もしくは組み合わせて治療に臨むのが一般的ですね。

 お家のペットに腫瘍が見つかってしまった場合は、やはりみなさん混乱されてしまうことが多いのですが、動物の状態(麻酔がかけられるのかどうかなど)や、できた腫瘍の種類(局所のものか全身性のものかなど)、治療の目的(完治を目指すのか緩和治療を行うのか)によって方法は様々です、場合によっては「治療をしない」という選択をすることもあると思います、それらの中からお家の子に合った治療を獣医師と相談のうえで選んであげてください。


 結局文章が長くなってしまいましたね、これでも無理やり短めにしたつもりなんですが・・・。

 かなりざっくり書いているので文章ではわかりにくい点もあると思います、詳しくは知りたい方は来院の際に直接聞いてください。

image.jpg
[眠い(睡眠)]
タグ:治療 腫瘍
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

冬の予防 [予防]

今年の冬は、例年に比べて暖かい日が続いていましたが、今日は一気に冷え込んできましたね、急な気温の変化に、人もペットも体調を崩さないようご注意ください。

本日もなかの混合ワクチンの接種を行いました、年に一回の注射なのでもなかは大体今ぐらいの時期に接種してます。

相変わらず診察台の上に乗ると緊張するようです、動物病院の犬なのでもう少し慣れてもいいと思うのですが・・・。

image.jpg

目が遠くを見ています・・・。

ワクチン接種自体は無事に終了したので証明書を発行、過去のものと見比べてみると大きくなったなーと実感します。

image.jpg

昔は鼻黒かったしね。



さて、タイトルに書いた冬の予防ですが、今の時期はフィラリア予防もひと段落しますし、マダニなんかもそうそう出なくなります。

ただし、ノミに関してはまだまだ注意が必要です。

ノミは気温が13度を超えてくると吸血や繁殖を行います。

冬でもお家の中は気温が13度以上となることがほとんどなので、散歩中にペットの体についてしまったノミや、飼い主さんの衣服についてしまったノミが家の中に持ち込まれて繁殖してしまうことがあります。

そのため、ペットは全く外に出ていないのに、冬場に家の中でノミが繁殖しまうこともあります。

ペットにノミの感染が起こると、貧血や皮膚炎が起こったり、寄生虫に感染してしまうことがあります。

また、人にも被害がでてしまうこともあるため、冬場でもノミの予防は実施しておいたほうがいいでしょう。

ノミの予防薬は、背中の皮膚に塗って使うスポット剤や、シャンプーのタイミングを気にせずに使える飲み薬など色々と種類があるので、お家のペットにあった使いやすいものを選んであげてください。




ワクチンが終わった後のもなかは頭を抱えて眠っています、まぁ普段もこんな感じなんですけどね。

image.jpg

お疲れ様でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お知らせ [お知らせ]

新年早々で申し訳ありませんが、臨時休診と診察時間短縮のお知らせです。

1月30日(土曜日)、1月31日(日曜日)は学会参加のため、獣医師不在となりますので休診とさせていただきます。

また、1月15日は獣医師会のため、午後の診察時間が通常よりも30分短い午後7時までとなります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。



お正月は気温が高く春のような陽気でしたが、ここのところ冬の寒さが戻ってきましたね。


ちなみに朝のもなかはこんな感じです。
image.jpg

ヒーターの前に居座って動きません・・・、その毛皮は飾りなんかねぇ。

image.jpg

油断していると一日中こんな感じです、せめて近づきすぎて毛皮が焦げないようにしてもらいたいもんです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

あけましておめでとうございます [動物病院]

昨日からななペットクリニックは2016年の診察を開始いたしました、ただ看板犬のもなかは1日遅れて本日が初出勤となります。

看板犬のほうが院長よりも休みが長いというのはどういうことなんでしょうか・・・?

出勤後は初仕事とばかりに去年の干支のひつじのぬいぐるみをかじっていました・・・、まだまだ今年もやんちゃは治らないようです。
image.jpg


ともあれ、看板犬のもなか共々、今年もよろしくお願い致します。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット