So-net無料ブログ作成

健康検査(ヒト) [日常]

3月に入ってから、まさに三寒四温といったような感じで暖かい日と寒い日が繰り返されているような日が続いていますね。

体調を崩しやすい時期ですので、人もペットも体調管理には十分気をつけてください。

暖かくなったせいでマダニの発生も出てきているみたいですので、お散歩で草むらに入ったりするようなワンちゃんは特にしっかりと予防をしてあげてください。

4月以降は狂犬病の予防接種やフィラリア予防等などが始まってくるので、動物病院もバタバタするしてしまいますので、今のうちということで人間ドックに行ってきました。

普段は検査を行う側ですが、いざ検査をされる側となると緊張してしまうものです。

途中、レントゲンや超音波検査の時には「人間は指示に従って息を吸ったり吐いたり止めたりしてくれるから、検査がしやすそうでいいなー。」とか考えながら検査を受けてました。

ちなみに超音波検査の時は検査画面をがっつり見ていました。

結果は後日郵送とのことなので、ドキドキしながら待ちたいと思います。


病院の方でも4月以降の予防準備を進めているところです。
49C71378-143C-410A-86D1-D01E2B4F91C9.jpeg
こちらは今年配布用の予防カレンダーです。

数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにお願いします。

もなかもまた注射あるよー
image2 (1).jpeg
[犬][exclamation×2]
nice!(1)  コメント(0) 

ゆきもなか [日常]

立春が過ぎて10日ほど経ちますがまだまだ寒いですね。

散歩中に雪の路面を歩く際、足を滑らせないよう注意しながら歩いているのですが、人間と違って犬は元気です。

さすがに四足歩行の動物は違いますね。
EB8C8A63-B1A6-494F-B887-D9F9BE9E9C45.jpeg

A252632D-3EFC-49C8-B2F9-D57CB9B8F6C6.jpeg
[犬][グッド(上向き矢印)]
非常に楽しそうです。

ただ、少しずつ日も長くなってきていますので確実に春は近づいてきているようです。

そうなるとやってくるのが猫の発情。

外に出て行く猫さんはこの時期ケンカをしたり喧嘩に巻き込まれたりする機会が多くなり、怪我をしたり病気をもらってしまったりしてしまいますので、なるべく外に出さないようにしてあげてください。

あとは発情がくると大きな声で鳴いたり、お家の中でマーキングをしてしまったりする子もいますので、去勢・避妊についても考えてあげてくださいね。

それでは寒さももう少し(多分)、人もペットも体調管理に気をつけて乗り切りましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

寒いですね [日常]

ここ最近寒い日が続いていますね。

北九州でも雪が積もり、大きな道路はある程度路面の雪は溶けているのですが狭い路地なんかは結構雪が残っていますので、車の運転や足元には十分ご注意ください。

そんな中やはり犬は元気ですね、一生懸命走り回っています。

CD0C247E-84FA-40D1-93B3-D941ACAEFD05.jpeg
[犬][exclamation×2]
78C4CEFD-7DED-4C27-B845-04464DE27DFD.jpeg
[犬][グッド(上向き矢印)]
F59B6B3B-8359-472C-B021-E5F2AA960010.jpeg
[犬][るんるん]

必死すぎて変な顔になっていますが、まぁ楽しそうなのでいいでしょう。

今回の寒さはもうしばらく続くようですので体調管理や路面の凍結等には十分にご注意ください。

あと、前回のブログでもお伝えしましたが1月28日(日曜日)はがん学会参加のため休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

nice!(1)  コメント(0) 

今日は冬至です [日常]

 タイトルにも載せましたが今日は冬至、一年の中で一番昼が短い日です。

 今日が一番短いということは、これからは少しずつ昼が長くなってくるということなので、寒い日はまだ続くと思いますが、人もペットも体調を崩さないように注意してこの冬を乗り切りましょう。

 
 冬場は気温が低いためにあまり水を飲まなくなり、おしっこの量も減ってしまうため、膀胱炎や尿路結石等の泌尿器系のトラブルなどが多くなってしまいます。

 膀胱炎を起こすと膀胱や尿道の粘膜が炎症を起こし違和感が出てしまうことで、おしっこの回数が多くなり、1回量が少なくなったりします。

 また、尿路結石が尿道につまりでおしっこが出なくなると、長時間トイレで気張ってもおしっこがでなかったりと、普段と違う行動がみられるようになります。

 とくに尿路結石でおしっこが出ない場合には、急性腎不全を起こし命にかかわる場合がありますので、早めにかかりつけの獣医さんを受診してください。


 そんな寒い中でももなかは元気です、下の写真は午前の診察が始まる前の当院看板犬の朝の外回り(散歩)の様子です。
image1.jpeg

 走る走る、公園にほかの人がいない時しかできませんが。

image2.jpeg
 
 最近は患者さんが来ても受付においてあるベットで寝てる姿しかお見せできないこともあるんですが、一応ちゃんと動きます。

 image3.jpeg
 ただ帰ってくるとすぐにヒーターを要求してきます、圧力がすごい。
nice!(2)  コメント(0) 

冬支度 [日常]

 11月も残りあと数日、今年もあと1か月と少しとなりましたね。

 空気が乾燥し、ウイルスなどの感染症が流行りやすい時期となってきましたので体調には十分にご注意ください。

 病院の待合も、空気清浄機のフィルターを洗ったり、加湿器を準備したりと冬支度を進めているところです。

 そんななか、待ってましたとばかりに寄ってくる影が・・・

 image1.jpeg
 [犬][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

 そのヒーターは受付の看護婦さん用なんだけどねぇ。

 電源を入れる前からヒーターの前に陣取って動かなくなりました、毎年のことではあるのですがあの毛皮は飾りなんでしょうか・・・。

 いろいろな飼主さんの話を聞くと、ヒーターやこたつ、暖房の暖かい風のあたるところに陣取って動かなくなる子はやはり多いようですが、あまり近づきすぎてやけどをしてしまったり、皮膚が乾燥することで皮膚炎を起こしやすくなったりすることもあるので注意してあげてください。

 image2.jpeg
[犬][るんるん]

  うん、もう少し離れようか。

nice!(1)  コメント(0) 

暑いですね [日常]

 毎日暑い日が続いていますね、熱中症等暑さによるトラブルが起こりやすい時期ですので十分にご注意ください。

 うちの看板犬は最近はこんな感じです・・・
image2 (4).JPG
 
 アルミのひんやりマットの上で頭抱えて寝てます・・・、病院の中はエアコンをつけているのですが、少しでも涼しいところにいたいみたいです。

 食欲が落ちたりすることは一切なく、体調は健康そのものなのですが、それでも今年の暑さはこたえるようです。

 

 夏の暑い時期は、熱中症などの危険があるので、あまりお外での長時間のお散歩や運動がしづらくなってしまいます。

 その場合、いつも通りにご飯やおやつを食べていると、運動によるカロリーの消費が減っているので、夏太りをしてしまう子たちも結構います。

 ここ最近運動ができてないなと感じるようでしたら、少しおやつを減らすなどして、体重が増えすぎないようカロリーコントロールをしてあげてください。

image3 (2).JPG

 「ぎくり・・・」

犬シール [日常]

 四月も後半に入り、本日で今年の小倉南区の狂犬病集合注射の日程が終了となりました。

 狂犬病接種に来られたワンちゃん、飼主の皆さん、出務された先生方お疲れ様でした。

 ただ、今年は日によっては雨風が強かった日もありましたので、集合注射に行くことができなかった方もおられると思います。

 そういった場合には、当院もしくはお近くの獣医師会会員病院に行っていただければ、狂犬病の予防接種や継続の手続き等を行うことができます。

 狂犬病予防接種の接種期間は4月から6月までとなっておりますので、フィラリア予防やノミ・マダニ予防のついででも結構ですので、お済でない場合には接種をお願いします。

 看板犬のもなかは当然もう接種済みです。

 せっかくなので今年の分の犬シールも張ってみました。
image2 (4).JPG

 今年の色は赤です。

 ついでに血液検査も行い結果はすべて正常値、昨年高かった中性脂肪も正常範囲内に収まっていました。

 一年間減量用のフードを食べさせたかいがありました[手(チョキ)]

 ワンちゃんによっては、年一回この時期くらいしか病院による機会がない子もたくさんいると思います。

 日々の健康チェックもかねて、この機会に血液検査等を受けてみるのもいいと思いますので、詳しくは当院もしくはかかりつけの獣医さんにご相談ください。
 

丸洗い [日常]

 今日は二十四節気のうちの立春ですね。

 もう少し寒い日は続きそうですが、暦の上では今日から春なので暖かくなるまでもう少しの辛抱です。

 病院の近所をもなかの散歩でうろうろしていると、梅の花なんかも咲きだしていて、外はまだ寒いですけが、しっかりと季節は進んでいるんだなと感じます。

 そんなもなかさんですが、寒さに負けずにはしゃいだ結果こんなことに・・・。
image1 (4).JPG
 「どろーん」

 足回り泥だらけです、まぁ元気なのはいいことなんですけどね。

 早速看護婦さんに洗われていました、仕上がりはふかふか(期間限定)です。
image1 (3).JPG
 「ふっかふか~」

 ふかふかなのはいいんですが、首輪を外したせいで首が太く見えますね、看護婦さん曰く「クマみたい」だそうです。


 さて、春が近くなると猫の発情なんかもやってくるようになります。

 大きな声で鳴いたり、おしっこを吹き付けるスプレーなどをしてしまったり、脱走してしまったりと、発情に伴う行動がみられるようになり、お家での管理が困難になってしまうことがあります。
 
 また、猫は一年間に何回も出産をすることがあるので、あっという間に数が増えてしまったりすることもあります。

 そういった事態を避けるために有効となってくるのが避妊手術や去勢手術です。

 女の子の場合には、早めに避妊手術を行うと将来の乳腺腫瘍の発生率を抑えることもができるというメリットもあります。

 もし、お家の子の避妊手術や去勢手術、発情等で悩まれているようでしたら、当院もしくはかかりつけの獣医さんに相談してみてください。

 

もうすぐ師走ですね [日常]

 ここ最近ぐっと冷え込むようになりましたね、人も動物も体調管理には十分ご注意ください。

 ニュースによると、人のインフルエンザが早くも流行しだしているみたいですね。

 一応僕(院長)もインフルエンザのワクチン接種は受けましたが、ワクチンだけで完全に予防できるというものではないので、普段の生活の中での手洗いやうがいなどとれる対策はとっていきたいと思います。

 動物もワクチン接種やフィラリア、ノミ・ダニの予防など、予防が可能な病気はしっかりと予防してあげてください。

 福岡県のフィラリア予防薬の投与期間は12月までとなっていますので、最後まで忘れずに予防してあげてください。

 マダニに関してはそろそろ被害を受ける時期が終わりますが、ノミは気温が13度を超えると吸血繁殖します。

 冬でも暖かい室内にいるワンちゃんネコちゃんは、ノミの被害を受けることがありますので、ノミの予防は冬場でも継続してもらった方が安心です。

image1 (3).JPG
 今年も残りわずか、きちんと体調管理をして頑張りましょう。

 

 


結果発表 [日常]

 ここ最近だいぶ暖かくなり、日によっては暑いと感じる日も出てきましたね。

 暑さのせいか、皮膚炎や外耳炎で来院するワンちゃんやネコちゃんが増えているような気がします。

 お家のペットが、皮膚をかきむしったり、頭をよく振ったりするときは皮膚炎や外耳炎が起こっている可能性がありますので、家でのしぐさをよく確認してあげて、何かおかしなことがあれば早めに相談してください。




 看板犬のもなかは気温が上がって完全にだらけきっています・・・
image3.JPG
 

 ここで、先日行ったもなかの血液検査の結果発表です、フィラリアを含め健康状態に特に問題はありませんでした。

 ただし、一点だけ正常値をオーバーしたものが・・・
image2 (1).JPG
 「中性脂肪が・・高い・・・・・・[たらーっ(汗)]

 


 まぁ、正常値より少し高いくらいなので、すぐに何かしなくてはいけないというわけではないのですが、とりあえずおやつ減らそうかねぇ。