So-net無料ブログ作成
検索選択

バレンタインデー [中毒]

もうすぐバレンタインデーですね、最近はチョコレート以外にも色々な贈り物があるそうですが、今回はチョコレート中毒について書いてみたいと思います。

報告によると、ペットがチョコレートを食べてしまうのは、バレンタインデーやクリスマスといったチョコレートが普段よりも家に多くある時期に起こりやすいそうです。

雑食性であるため、犬は猫よりもかなり多く罹患してしまいます。

チョコレートに含まれる中毒成分の含有量はチョコレートの種類によって異なり、一般的なミルクチョコレートに比べ、ダークチョコレートには2倍以上の中毒成分が含まれることもあります。

そのため、種類によっては少量を食べてしまった場合でも、中毒を起こしてしまうことがあります。

ちなみに、少量ではありますがホワイトチョコレートにも中毒成分は含まれています。

症状としては嘔吐や下痢のようなものから、痙攣や不整脈、昏睡といった命に関わるようなものまであるので、まず食べさせないこと、盗食できる場所に置いておかないことが大事です。

チョコレート以外にも、キシリトールやレーズンのように人が食べても大丈夫でも、ペットが食べると中毒を起こしてしまうようなものは他にもあり、基本的には人が食べるものをペットにあげるのはやめておいた方がいいでしょう。

IMG_0255.JPG
仕方ないのでロープ噛みます!!